2022.8.1

暑い夏、熱中症に気をつけて元気に乗り越えましょう♬

熱中症とは・・・??

8月に入り、日差しもひときわ強く照り付けるようになりましたね。まだまだ暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

夏といえば、海水浴、花火、BBQなど楽しいイベントがたくさんの季節ですよね♪そんな楽しい季節ですが、熱中症には気をつけたいですよね。

熱中症とは、気温の高い環境に長時間いることで体温調節機能が働かなくなり、体温が上がったり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたりすることで起こる、めまいや頭痛、意識障害の症状の総称です。

熱中症といえば、炎天下に長時間いた、真夏の暑い中で運動をしていたといったケースを想像するかもしれません。しかし、実際は屋外だけでなく室内で何もしていない時でも発症してしまいます。また、重症化すると命にも関わることもあります。

誰でもかかってしまう可能性がある熱中症ですが、熱中症は正しい予防方法を知り、普段から気をつけることで防ぐ事ができます。今回は熱中症を予防して、暑い夏を乗り越える為の過ごし方をご紹介いたします♬

熱中症を予防しよう♬

①暑さを避けましょう
外出時には、帽子や日傘を使って直射日光を避けましょう。また、なるべく日かげを選んで歩いたり、日かげで活動したりするようにしましょう。家の中では、ブラインドやすだれで直射日光を遮ったり、扇風機やエアコンを使用して、室温や湿度を調整しましょう。

②服装を工夫しましょう
外からの熱の吸収を抑え、体内の熱をスムーズに逃がす服装がおすすめです。素材は、吸湿性や通気性の高い綿や麻などが良いでしょう。熱がこもらないよう、襟ぐりや袖口があいたデザインもおすすめです。薄着の方が涼しいとはいえ、インナーを着た方が肌とインナー、インナーとアウターの間に空気の層ができ、外からの熱気を遮断してくれます。

③こまめな水分補給
暑い日には知らず知らずのうちに汗をかき、体内の水分が失われています。喉が渇く前からこまめに水分補給をしましょう。ただし、コーヒーや緑茶などのカフェインが多く含まれている飲み物、アルコール類は利尿作用があるので適しません。また、汗をかくと水分と一緒にミネラルやビタミンも失われます。水分補給だけでなく、ミネラルも補給するようにしましょう。スポーツ飲料は水分とミネラルを同時に補給できますが、糖分が多いので、飲み過ぎには注意が必要です。ミネラルを補給するには、麦茶などのほうが良いでしょう。

④暑さに備えた身体つくり
ウォーキングやランニングなどの運動で、汗をかく習慣を身に着ける事も大切です。日頃から暑さに身体を慣らしておきましょう。

熱中症対策を心がけて、夏を元気に乗り越えよう♪

熱中症は、誰でもかかってしまう可能性がある身近な病気の一つです。特に子どもやお年寄りは熱中症にかかりやすいため注意が必要です。

また、環境省のHPには、気温とは別に「暑さ指数」という熱中症を予防するための指標が掲載されています。熱中症対策の目安になるので、参考にしてみてください。

自分で出来る熱中症対対策を心がけ、この夏を元気に乗り越えましょう♬

◆コラムを書いたのは…
管理栄養士
砂盛幸奈
LINEで送る

コラム一覧へ